市販木材で「カタンの開拓者たち」のボードを作った

皆様カタンは好きですか?私はボードゲームの中でカタンが一番好きです。

一見するとポップな雰囲気であるものの、ガチでやるとエグい交渉がそこかしこで発生。たとえ強いプレイヤーと言えど他メンバーを敵に回すと全然勝てなくなります。よくできたゲームなのにルールは簡単で、初心者でも1プレイで何をすべきか、どうしたら勝てるかの道筋が見えるのは素晴らしい。

f:id:kazutaka83:20191228114959p:plain

この超面白いカタンですが1つ問題があります。それは遊ぶたびにゲームボードが弱っていくこと。

紙でできたボードは使う度に弱くなり、一定回数遊ぶと剥げたり部品(数字コマ)が欠けたりします。じゃあ耐久性の高いボードを作れば良いんじゃね?と思い作成したのがこちら。

f:id:kazutaka83:20191228114637p:plain

素材は中密度繊維板(MDF材)。5.5mmと4mを木工ボンドで張り合わせて作っています。材料費はおおよそ600円-800円くらい。その辺のホームセンターで売ってますが、福岡近郊にお住まいの方であればグッディがおすすめです。安い&種類が豊富。パッと買ってサッと作るのであれば博多駅ハンズが便利です。

MDF材は単なる板なので切ったり彫ったりして加工を加える必要があります。そこで便利なのがレーザーカッター。印刷用のデータを持ち込むと切ったり彫ったりが簡単にできる代物です。

f:id:kazutaka83:20191228115415p:plain

レーザーカッターはファブラボに行くと時間単位で借りることができます。福岡市が運営しているエンジニアカフェに行くとサポートスタッフの指導の元無料で使えるので、慣れていない人やちょっと試したい人はエンジニアカフェに行くと良いでしょう。でかい人が丁寧に色々と教えてくれます。

制作過程は大体以下の流れです。

  • 材料を選定する
  • 図面を書く(Illustrator, PowerPoint, CADなど)
  • レーザーカッターの説明を受ける(エンジニアカフェ使う場合)
  • レーザーカッターにデータを流し込む
  • END

基本的に一発でうまくいくことは無いので試行錯誤して楽しみましょう。

カタンボードの素材は 上述のMDF材やベニヤなどが良いです。当初アクリル板を使って透明なボードを作ろうかとも思いましたが、カタンはやっぱ木製の方が使い勝手がよく、ベニヤはインスタ映えしないので止めました。木目が出たほうが良さそうな気がしたのでベニヤ材を使って一度制作したものの、思いの外木目がいい感じにならないので諦めています。ベニヤ材はレーザーカッターに当て続けると熱で反るので、細かい工作(土地タイル)をはめ込むのに向いていないというのもあります。

f:id:kazutaka83:20191228120741p:plain f:id:kazutaka83:20191228120803p:plain

レーザーカッター印刷用図面はPowerPointで作成しています。

f:id:kazutaka83:20191228121128p:plain

PDFやSVGで出力することができれば良いので、図面はフリーソフトでも書けるかと。1mm以下精度でズレなく作るならFusion360などを使うことをおすすめします。PowerPointでやると辛い目にあうので。

同じような感覚で土地タイルを作っていきます。フリー素材のAIやSVGをダウンロードしてきて図面をサクサク作りましょう。一番の難題は鉄素材、次に難しいのは土素材です(何書いたら良いのかわからへん)。土地タイルの作成と同時に数字コマを作ると良いでしょう。

f:id:kazutaka83:20191228122055p:plain

土地タイルは5.5mm板、ベースは4mmで作っています。土地タイルに若干の高さをもたせることで取り外しが楽になるような仕組みを講じています。

f:id:kazutaka83:20191228122431p:plain

家、道を置く場所を若干掘り下げます。また、海の場所はそのままだと味気がないので波のイラストを彫りました。ベースの下に同じサイズの5.5mm板を貼り付けて完成。ボンドが乾くまでは何かしらで挟んでおくと良いでしょう。お願いすると図のようなクランプを貸してくれるかもしれません。

f:id:kazutaka83:20191228122842p:plain

あとは港の素材を…と思ったら、この時点で砂漠の土地タイルを完璧に忘れてたので急遽砂漠の素材を探し、港素材と一緒に作成。完成品は一番上にも貼ったこれです。

f:id:kazutaka83:20191228114637p:plain

カタンのカスタムボードは部屋に置いておくだけでも楽しく、海外には熱狂的なコミュニティーもあるようです。

かなり楽しいので皆様ぜひやりましょう。

Anaconda環境で「WinError 127 指定されたプロシージャが見つかりません」が出る場合の対処法

Anaconda の conda install でパッケージをインストールすると稀にこういう画面が出ます。

f:id:kazutaka83:20191010230234p:plain

f:id:kazutaka83:20191010230912p:plain

何らかのパッケージを conda install した際に、 requirement.txt で openssl パッケージの更新をかけた場合に発生する気がしています。インストールの結果、DLL(libssl-1_1-x64.dll)が壊れるみたいなのでちゃんと動くやつに差し替えます。

libssl-1_1-x64.dll は以下のホームページからダウンロードしてきて

libssl-1_1-x64.dll — download free for Windows

C:\ProgramData\Anaconda3\Library\bin 配下のファイルを置き換えます。これでエラーは発生しなくなるはず。

teratail.com

旧バージョンのAnacondaをインストールする

最新版のAnacondaを入れたら思いの外ハマったので旧バージョンをインストールします。どうもSSL周り(OpenSSL)が上手く行ってない様子。

download - "pip is configured with locations that require TLS/SSL, however the ssl module in Python is not available" - Stack Overflow

anacondaでnumpyやscipyのインポートに失敗してしまうバグについて - Qiita

解決策は libeay32.dll を指定のフォルダに格納してやればOK…だと思います。ただ下手に暫定対処しておくと他環境でインストールする場合にこまるので、旧バージョンを入れて安定稼働環境を構築します。

旧バージョンのAnacondaをダウンロード

以下のURLで必要なものをダウンロードします。

repo.continuum.io

Anaconda3-5.3.1-Windows-X86_64.exe は素直に使えます。

インストール

管理者権限でインストール後、環境変数にアプリ本体を格納しているフォルダ配下の以下2種PATHを追加。

ProgramData/Anaconda3
ProgramData/Anaconda3/Scripts

旧版ではこのPATH通せば問題なく動かせましたが、最新版だと

ProgramData/Anaconda3/Lib/bin

を加えた3種類を追加しないと動かないです。Lib/binを追加する場合には他のPATHよりも上に配置しましょう。

f:id:kazutaka83:20190915202141p:plain

これでPython環境は整います。

2020年2月3日 追記

Anaconda3 2019.10 windows-x86_64だとLib配下にbinが無い気がする

塩ビ管を使った水耕栽培をはじめました

塩ビ管で自宅水耕栽培をはじめました。こういうやつです。

f:id:kazutaka83:20190908200956p:plain

現在実証実験中。太陽光パネルを使ってポンプを回し、できるだけ環境負荷が少ない運用を心がけています。この記事は本水耕栽培キットの構築メモです。

続きを読む

Pythonの処理完了をいろんな方法で通知する

Pythonで重たい処理をかけると30分-2時間ほど待つことがあります。 作業の待ち時間では他の細々した作業を片付けたりインターネットに潜ったりしますが、気がつくと30分前に処理は終わってて無駄に時間を潰してしまうことも多々。何かしら処理完了の通知が飛んでくればそんな無駄な時間は生まれません。なので通知を飛ばしましょう。

続きを読む

Excelで販促ポップ(割引POP)を作る。関数エラーもちゃんと潰す。

初売りで撮影したリバーウォーク玩具屋のPOPが意外に拡散されました。

ExcelをPOP作成に使っている事例ですね。一枚一枚作るのであればVLOOKUPだけでできます。

続きを読む

スポンサード リンク