Google Maps の行動ログを抽出する

Google Mapsには行動ログを残すオプションがあります。正式名称はタイムラインで、これをオンにしておくと行動・滞留・滞在等の状態をよしなに判断して行動の履歴を残してくれます。

タイムラインをオンにする方法はこの辺を参考にしてください。で、このログはJSON形式でエクスポート出来たりします。

タイムラインのエクスポート

Googleの各種サービスはtakeout.google.comからエクスポートできます。ブラウザで自分のアカウントにログインした状態で以下のURLにアクセスしてみてください。

https://takeout.google.com/settings/takeout

タイムラインの情報は比較的下の方にあります。「ロケーション履歴」の項目のみにチェックを入れて次に進みます。

f:id:kazutaka83:20171119235255p:plain

ファイル形式、サイズ等の選択画面が出てきますのでいい感じに設定します。「アーカイブを作成」を押すと準備画面に遷移し、終わればダウンロードが始まります。

f:id:kazutaka83:20171119235546p:plain

takeout-hogeのファイルを開くとJSON形式のログを見ることができるはずです。あとはこれを加工・編集するとGISデータとして使うことができますね。

f:id:kazutaka83:20171119235718p:plain


スポンサード リンク